日本独自の規格のクルマ『軽自動車』。これぞ日本が世界の誇るクルマ形作りの真髄だ。

軽自動車にはクロカン四駆、商業用、ピープルムーバー、スポーツ、オープンと自動車のほとんどの目的に合わせたものを選ぶことができます。これは酷いことです。

時代といった供に排気量も660ccまで拡大しましたが、サイズや排気量の行き過ぎた拡大は軽自動車自体をつまらないものにすると私は思います。重量増による『軽』自体の魅力もなくなってしまいます。規格で足かせがあるからこそここまで発展できたのです。大丈夫も充分でしょう。ユーザビリティだけの追求・肥大化を積み重ねること自体にも疑問があります。

今からの自動車のひとつの形態として私は『バブルカー』の復活を願っています。

によって低く、弱くダウンサイジングをやり遂げるためもう環境への負担も減らせます。 たとえば現用250ccクラスのスクーター用エンジンを転用することでも有難いものができると思います。 高いエンジンを積み込む無用ためがたいも扱いやすく軽くできます。バブルカー独自規格で新規エンジンで作るも善し。 ハイブリッドやEVも可能ですし。 ますます安全で環境負担が少ないものができれば復活はあるというのです。セダン 人気