Month: 10月 2016

一度は乗ってみたい、ドイツの高級車

女性ですが車には相当興味といった憧れがあります。小さい時から実家の車はますますトヨタ製だったので、自分もトヨタが一番として生きてきました。
現在乗っている車も取り敢えずトヨタ。トヨタのヴェルファイアに乗っています。子供がカップルいるので使い勝手は良くて満足しています。
ただし、運転しているといった至って気になるのが「ベンツ、アウディ、BMW」。なぜなのかはわからないのですが、その重厚な作りや高級感に圧倒されます。
うちのご近所もアウディーに乗っているご家族がいますが、いやにのぼりやすそうですし、運転もしやすそうです。
ドイツ車には日本の車には弱い独特のデザイン、曲線というかラインみたいなものを感じます。
その曲線が絶妙なのか、デザインがいいのか、やっぱ美しく高級に見えるのです。
日本車だって眩しい車は多々あります。けれどもドイツ車が秘める独特の雰囲気には損するような気がします。
ベンツは遠くから走ってきてもすぐわかるほど「ベンツ!」という印象がありますし、BMWは小型のタイプにでも全く大きく思えたり行なう。
ますますトヨタに乗ってきましたが、次に買い替える時は子供達も大きくなってきていると思うので、ファミリーカーから脱出してドイツ車に挑戦したいといった常日頃思っています。ミニバン 人気

レガシィおつかれさま

レガシィの生産が終了になりました。スバルの富士重工業が、レガシィツーリングワゴンを開発したときのコンセプトは、「ホテルに乗り付けられるワゴン車」についてだったそうです。それまで日本にはライトバンはあっても、いわゆるワゴン車はないと言える状況でした。なのでメーカーがワゴン車を名乗っても、実質はライトバンとして扱われていました。ですから、ホテルにワゴン車って名付けるライトバンで乗り付けてキーを譲り渡すって、ドアボーイはお客用のパーキングではなく、業者用のパーキングに車を入れてしまったり、アプローチに車を乗り入れた瞬間、バックヤードに誘導されたりしていたそうです。レガシィツーリングワゴンを象徴するワインレッドの車体は、そういったライトバン的ワゴン車の扱われ方を根底から入れ替えることにエライ、先駆的なクルマでした。そのデビューは、画期的であったとさえ呼べるのではないかと思われます。これはたったレガシィというクルマのデビューではなく、日本にワゴン車というものを位置付けた、についてで普遍性さえ保ち得るインパクトがあったのです。実に、着飾ったカップルを乗せたレガシィツーリングワゴンを迎え入れたシティホテルのドアボーイは、うやうやしくレガシィのキーを捉え、顧客専用パーキングに移動させました。そのレガシィにも生産が終える日が来ました。長くおつかれさまという、言ってあげたいだ。レガシィの生産が終了になりました。スバルの富士重工業が、レガシィツーリングワゴンを開発したときのコンセプトは、「ホテルに乗り付けられるワゴン車」についてだったそうです。それまで日本にはライトバンはあっても、いわゆるワゴン車はないと言える状況でした。次いでメーカーがワゴン車を名乗っても、実質はライトバンとして扱われていました。ですから、ホテルにワゴン車と名付けるライトバンで乗り付けてキーを引き渡すって、ドアボーイはお客用のパーキングではなく、業者用のパーキングに車を入れてしまったり、アプローチに車を乗り入れた瞬間、バックヤードに誘導されたりしていたそうです。レガシィツーリングワゴンを象徴するワインレッドの車体は、そういったライトバン的ワゴン車の扱われ方を根底から入れ替えることにエライ、先駆的なクルマでした。そのデビューは、画期的であったとさえ当てはまるのではないかと思われます。これはわずかレガシィというクルマのデビューではなく、日本にワゴン車というものを位置付けた、についてで普遍性さえ保ち受け取るインパクトがあったのです。現に、着飾ったカップルを乗せたレガシィツーリングワゴンを迎え入れたシティホテルのドアボーイは、うやうやしくレガシィのキーを引き取り、顧客専用パーキングに移動させました。そのレガシィにも生産が止める日が来ました。長くおつかれさまという、言ってあげたいだ。軽自動車 人気 ランキング