レガシィの生産が終了になりました。スバルの富士重工業が、レガシィツーリングワゴンを開発したときのコンセプトは、「ホテルに乗り付けられるワゴン車」についてだったそうです。それまで日本にはライトバンはあっても、いわゆるワゴン車はないと言える状況でした。なのでメーカーがワゴン車を名乗っても、実質はライトバンとして扱われていました。ですから、ホテルにワゴン車って名付けるライトバンで乗り付けてキーを譲り渡すって、ドアボーイはお客用のパーキングではなく、業者用のパーキングに車を入れてしまったり、アプローチに車を乗り入れた瞬間、バックヤードに誘導されたりしていたそうです。レガシィツーリングワゴンを象徴するワインレッドの車体は、そういったライトバン的ワゴン車の扱われ方を根底から入れ替えることにエライ、先駆的なクルマでした。そのデビューは、画期的であったとさえ呼べるのではないかと思われます。これはたったレガシィというクルマのデビューではなく、日本にワゴン車というものを位置付けた、についてで普遍性さえ保ち得るインパクトがあったのです。実に、着飾ったカップルを乗せたレガシィツーリングワゴンを迎え入れたシティホテルのドアボーイは、うやうやしくレガシィのキーを捉え、顧客専用パーキングに移動させました。そのレガシィにも生産が終える日が来ました。長くおつかれさまという、言ってあげたいだ。レガシィの生産が終了になりました。スバルの富士重工業が、レガシィツーリングワゴンを開発したときのコンセプトは、「ホテルに乗り付けられるワゴン車」についてだったそうです。それまで日本にはライトバンはあっても、いわゆるワゴン車はないと言える状況でした。次いでメーカーがワゴン車を名乗っても、実質はライトバンとして扱われていました。ですから、ホテルにワゴン車と名付けるライトバンで乗り付けてキーを引き渡すって、ドアボーイはお客用のパーキングではなく、業者用のパーキングに車を入れてしまったり、アプローチに車を乗り入れた瞬間、バックヤードに誘導されたりしていたそうです。レガシィツーリングワゴンを象徴するワインレッドの車体は、そういったライトバン的ワゴン車の扱われ方を根底から入れ替えることにエライ、先駆的なクルマでした。そのデビューは、画期的であったとさえ当てはまるのではないかと思われます。これはわずかレガシィというクルマのデビューではなく、日本にワゴン車というものを位置付けた、についてで普遍性さえ保ち受け取るインパクトがあったのです。現に、着飾ったカップルを乗せたレガシィツーリングワゴンを迎え入れたシティホテルのドアボーイは、うやうやしくレガシィのキーを引き取り、顧客専用パーキングに移動させました。そのレガシィにも生産が止める日が来ました。長くおつかれさまという、言ってあげたいだ。軽自動車 人気 ランキング